ホーム > お知らせ > 医療介護施設について
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、2011年から始まった新しい制度で、
バリアフリー構造、一定の面積・設備などを備えた、高齢者の方が安心して住める賃貸住宅です。
同じ建物内に常駐するケアスタッフが、安否確認、生活相談などの見守りサービスを提供いたします。
建設にあたっては、国の支援が受けられ、整備費の補助や、融資・税制の優遇が受けられます。
当社では、サ高住の建築をはじめ、さまざまな医療・介護施設の建築も承っております。
『サービス付き高齢者向け住宅』の建築を行う方は、国からの『3つの支援策』を受けることができます。
●建設費補助
『建築費の1/10』 『改修費の1/3』 (上限 100万円/戸)の補助金が交付
●融資優遇
『建築地以外の別の土地担保が不要』と、『保証人が不要』
●税制優遇
『所得税・法人税』に係る割増償却、『固定資産税』『不動産取得税』の減額
●入居者 ・単身高齢者世帯(60歳以上、要介護・要支援認定を受けている者)
・高齢者+同居者(配偶者など)
●住宅 ・原則として25u以上(ただし、一定基準を満たせば18u以上)
・水洗便所、洗面設備などの設置
・バリアフリー化(段差のない床、手すり設置、廊下幅の確保)
●サービス ・生活支援サービス(安否確認及び生活相談は必須)の提供
●入居契約 ・賃貸借契約、又はこれに準じた契約
・前払家賃の返還ルールや保全措置

■介護施設


■医療施設
▲ページトップへ